官公庁向けの単一のクラウドセキュリティ プラットフォーム  image
政府

官公庁向けの単一のクラウドセキュリティ プラットフォーム

政府機関にクラウドでのフルスタックの可視性、継続的なリスク軽減、コンプライアンスレポートを提供する包括的なクラウドセキュリティソリューションであるWiz for Governmentで、ゼロトラストの取り組みを加速します

デモを見る

Wizは、これらの公的機関の顧客から信頼されています

Naval Information Warfare Center Pacific
College of American Pathologists
Weill Cornell Medicine
Maryland DHS

本書における政府機関の顧客への言及は、米国政府またはその機関、部門、またはサブエンティティによる営利企業、製品、プロセス、またはサービスの承認、推奨、または支持を構成または暗示するものではありません。

最高のクラウドセキュリティで重要なミッションをサポート

政府機関は、次のことを可能にすることで、環境内のゼロトラストを確保できるFedRAMP認定のクラウドセキュリティソリューションを必要としています。

100%の可視性を獲得 icon

100%の可視性を獲得

仮想マシン、コンテナ、サーバーレス、AIサービスなど、環境内で実行されているすべてのテクノロジーをフルスタックで可視化し、すべてエージェントなしで盲点を取り除きます。環境全体を数分でWizに接続できます。

クラウド上のセキュリティリスクを削除する icon

クラウド上のセキュリティリスクを削除する

脆弱性、ID、ネットワークの露出、構成ミス、シークレット、マルウェアなど、環境内のリスクを継続的に監視します。リスクは Wiz Security Graph で優先順位付けされ、モデル化されるため、リスクをプロアクティブに軽減してゼロトラストを確保できます。

自動的にコンプライアンスを評価する icon

自動的にコンプライアンスを評価する

CIS Linux、Windows、Red Hat STIG ベンチマークなどの CIS ベンチマークに対するコンプライアンス体制を評価し、レポートします。組み込みのコンプライアンス フレームワークを活用し、コンプライアンス レポートを生成し、ボタンをクリックするだけで脆弱性検出とインベントリを調査します。

Wiz is In-Process for FedRAMP Moderate Authorization and is listed on the FedRAMP Marketplace

政府機関向けクラウドネイティブアプリケーション保護プラットフォーム

クラウドセキュリティへのエージェントレスかつ包括的なアプローチ

Wizは、クラウドセキュリティに対する革新的な新しいアプローチです。クラウドを構築して保護するチーム全体で100%の可視性、容赦ないリスクの優先順位付け、価値実現までの時間を提供する唯一のエージェントレスのグラフベースのCNAPPです。

コンテキストでクラウドの重大なリスクに優先順位を付ける

Wizは、脆弱性、設定ミス、ID、ネットワークエクスポージャー、シークレット、マルウェアに関するすべてのリスクをWiz Security Graphで関連付けます。Wiz Security Graphは、クラウドに攻撃経路を作成する有害な組み合わせを即座に明らかにし、サイロ化されたアラートをふるいにかけ、分析する手作業の必要性を排除します。

統一されたセキュリティプラットフォームでツールを統合

Wizは、クラウドセキュリティポスチャー管理(CSPM)、クラウドワークロード保護ツール(CWPP)、脆弱性管理、Kubernetesセキュリティポスチャー管理(KSPM)、コンテナおよびサーバーレスセキュリティ、クラウドインフラストラクチャエンタイトルメント管理(CIEM)、コードとしてのインフラストラクチャ(IaC)スキャンなど、クラウドセキュリティスタックの一連のポイントソリューションをベストオブブリードに置き換えます。

See more of the product badge

ゼロトラストを加速する

Wizは、ゼロトラスト成熟度モデルの5つの柱にわたって可視性とリスク評価を提供することで、環境におけるゼロトラストの確保に役立ちます。

お使いの環境でのアイデンティティと権限を可視化します。 効果的なパーミッションを理解し、過度のパーミッションと横方向の移動パスを含むアイデンティティ関連のリスクと暴露を特定します。

自信を持ってクラウドで運用

脆弱性を発見

継続的でエージェントレスの脆弱性評価により、ワークロード全体の脆弱性を検出します。脅威センターで新たな脅威を特定します。修復の優先順位付けは、公開されているリソースや最大の影響範囲を持つリソースに重点を置きます。

ホスト構成の分析

CIS STIGベンチマーク(CIS Windows、Ubuntu、Red Hat、Linuxなど) に従って、エージェントや外部スキャンなしでオペレーティングシステムとアプリケーション構成を継続的に監視します。

効果的なネットワークとアイデンティティの漏洩

グラフベースのネットワークとIDエンジンを使用して、Wizが漏洩していることを確認したリソースに最初に焦点を当てることで、リスク修復の優先順位付けを行います。

AIパイプラインを保護

WizのAI セキュリティポスチャー管理(AI-SPM) 機能により、AIイノベーションを加速し、AIパイプラインとリスクをフルスタックで可視化します。

Wizの実例を見る

Wiz は、仮想マシン、コンテナ、サーバーレス、データストアなど、パブリッククラウドで実行されているすべてのテクノロジーをエージェントなしで数分でスキャンし、Wiz セキュリティグラフで攻撃パスを特定することで、攻撃対象領域をプロアクティブに減らすことができます。

比類のないクラウドセキュリティでイノベーションを推進

クラウドに安全に移行 icon

クラウドに安全に移行

可視性とリスク軽減により、クラウド移行を加速します。最初から機関の安全な基盤を構築します。

次のLog4jに対する準備を確実にする icon

次のLog4jに対する準備を確実にする

Log4j や MOVEit の脆弱性などの脅威に先手を打ち、Wiz のエージェントレス脆弱性スキャンで潜在的なダウンタイムを排除します。脅威研究センターで新たな脆弱性への暴露を特定します。

チーム間の架け橋を築く icon

チーム間の架け橋を築く

サイバーセキュリティ、コンプライアンス、開発者間の運用サイロ化を解消し、機関全体でセキュリティを拡張できます。開発チームは、コンテキストと優先順位付けにより、開発ライフサイクル全体にわたって問題をプロアクティブに修正および防止できます。

最高のセキュリティ基準を満たす

当社のセキュリティおよびプライバシープログラムは、SOC2 Type 2、ISO 27001、27701、27017、27018、PCIなどの業界標準に照らして毎年監査されています。

当社の製品は、FIPS 140-2 および FIPS 197 標準を満たす暗号化テクノロジとサービス、および NIST SP 800-57 ガイダンスを満たすキー管理テクノロジを使用しています。

追加リソース

    パーソナライズされたデモを入手する

    Wizの動作を見る準備はできましたか?

    “私が今まで見た中で最高のユーザーエクスペリエンスは、クラウドワークロードを完全に可視化します。”
    デビッド・エストリックCISO (最高情報責任者)
    “Wizは、クラウド環境で何が起こっているかを1つの画面で確認することができます。”
    アダム・フレッチャーチーフ・セキュリティ・オフィサー
    “Wizが何かを重要視した場合、それは実際に重要であることを私たちは知っています。”
    グレッグ・ポニャトフスキ脅威および脆弱性管理責任者